BON ATTELLE(ボン・アトレ)
BON ATTELLE
採用情報 シェフブログ スタッフブログ facebookページ

ボン アトレ。

フランス語で、"良い添え木"という意味で、主食ではない"お菓子"を普段の生活の良い添え木として頂けたらと思いつけました。

北総台地で育った健康的な卵。北海道の新鮮な牛乳と生クリーム。
そして、こだわった材料の数々で作った、美味しいお菓子達と一緒に、皆様をお待ち申し上げております。

Topics

facebookページ、Twitterにて最新情報をご確認頂けます。

Shop information

TEL 0476-47-1018
FAX 0476-47-1008
所在地 印西市草深2159-15
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週月曜、火曜日
祝祭日は変動あり。
カレンダーでご確認下さい。

Salon de BON ATTELLE

カフェスペース

店内には、お菓子をお召し上がり頂けるカフェスペースもございます。
こだわりのコーヒーや紅茶をご用意しておりますので、どうぞおくつろぎ下さい。

Cafe Menu

珈琲と紅茶は、白井の珈琲豆蔵からすべてニュークロップ(新豆)です。

Café

エスプレッソ・シングル(1杯30cc程度です) ¥230
エスプレッソ・ダブル(シングルの倍の量です) ¥300
カプチーノ ¥350
カフェオレ ¥400
カフェ・コンパナ(ホイップクリーム入りエスプレッソ) ¥450
レギュラー珈琲(1カップ分) ¥280
レギュラー珈琲ポットサービス(約2杯分です) ¥500
アイス珈琲(すっきりとして軽いレギュラー珈琲タイプ) ¥300
アイスカプチーノ(シナモンあり/なしお選び下さい) ¥350
アイスアメリカーノ(深みのある苦みのエスプレッソタイプ) ¥300
アイスオーレ(アイスカフェオレ、エスプレッソ&ミルク ¥350

Thé

2杯半くらいのポットサービスです。2煎目もお楽しみ頂けます。
お気軽にお声をおかけ下さいませ。

ダージリン(ファーストフラッシュ=春摘み、新芽の香りをストレートで) ¥600
アッサム(ミルクティーに向いています) ¥500
キャンディ(程よい酸味とコク) ¥500
アイスティー(アールグレーです) ¥350

etc...

 
オレンジジュース(ご注文をいただいてから絞ります) ¥500
グレープフルーツジュース(ご注文をいただいてから絞ります) ¥450
ホットチョコレート(カカオ56%と61%をお選び下さいませ) ¥350
ホットミルク
(ふわふわのスチームタイプもお選びいただけます)
¥250

Chef -Hiroshi Okuyama-

奥山 洋史

1963年、東京都新宿区生まれ。
高校卒業後、半年間自分は何をやろうかと模索。
18才の夏に、まだオープン前の「東京ディズニーランド」に入社。
日本人で初めてフランスの「トロワグロ」で修行した、平山シェフの下で毎日怒鳴られながら料理の道をスタートする。

21歳の時に、四谷の「オテルドミクニ」に。
朝一番に「ここで働かせてください!」と直談判に行き、即日採用していただく。 本格的に「フランス料理」の修行を開始する。

23歳の時に、「オテルドミクニ」の同僚と共に渡仏。
パリの「アンジェリック」や、パリ郊外の本当に本当に小さなお店でフランスの庶民のケーキに触れ、料理の道からお菓子の道へ路線を変更する。 あのお爺さんやおばあちゃんたちが作っていたようなケーキを、日本でもやってみたい
そんな思いを抱いて、帰国。

26歳の時に、まだ当時、西麻布にあった「サザビー」に入社。
毎朝、乃木坂で地下鉄を降りて、青山墓地の横を西麻布の店まで歩くことがなんだかうれしかった。 しかし・・そんな喜びもつかの間、厨房は埼玉の北戸田へ移転。 埼京線での通勤となる。

「サザビー」では4年間とにかくオーブンの仕事だけをする。
毎日どれだけの焼き物をしたかわからないほど、ひたすら毎日オーブンの前にいた。

30歳の時に、独立するなら、チョコレートや飴も触れておかなくては。
それに、お金も必要。
宴会デザートや、レストランの「アシェットデセール」も勉強しておかないと。 そんな思いで舞浜の「東京ベイシェラトンホテル」に入社。

34歳の時に退社し、独立する。 2004年、現在の印西牧の原に移転。

シェフ奥山 洋史のブログ

Calendar

Access

所在地:印西市草深2159-15

北総線「印西牧の原駅」より徒歩15分

ボン・アトレへのアクセス GoogleMapで見る
© PATISSIER BON ATTELLE